may’s blog

20年いたヅカ沼を抜け出したと思ったら、図書館経由でV6沼に転がり堕ちた人。

『V6 LIVE TOUR 2017 The ONES』@横浜アリーナ10/7

バクステ側スタンド最前列。メインステージは遠いけど、全体を見られてレーザーの凄さやペンライトの綺麗さに感動。そしてバクステが観やすくて大興奮でした。

 

記憶違い見間違い多数。あくまで個人用のメモなので、セトリバレなどしています。未見の方はご注意ください。

  

・モザイクアートのハンコは青。この日はチケットも青。

・横アリから突如出現したブイロクくん。なんともいえない迫力(笑)。

 

 

・メインステ→センステ→バクステと近付いてくるワクワク感が半端ない!!

・SOUZOで汗ぴっってする後姿が超格好良い。

・あの人、絶対爆モテだよね。※リーダーの話。

・ハニビでくるっとこっち向いてくれた時の興奮度合ったら!!!!!

・上から見ると、ハニビの時のペンライトの揃いっぷりが凄くて楽しい。

・1回目MC。

・井「いぇーーい」「いぇーい。いぇいいぇいえいいえい」etc

・言い方が変わっても、ちゃんとついていく客席。

・長野くんの十八番?「紅」について。

・カラオケで長野くんに何か入れなよー、と言ったら、画面に「紅」って出て。

・え?誰がこれ歌うの??と思ったら、長野くんが歌い出して衝撃だったと。

・岡「あの優しい長野くんが(紅を・・・)」長「優しいと紅歌っちゃいけないの?」

・先日から登場したと噂のグッチ岡田さん。

・説明もなく、いきなりやり始める(苦笑)。

・なんか踊ってる・・・と思ったら、これがneverだったことが後に明かされる。

・坂「V6ってこんなにアホ(バカ?)でしたっけ??」

・さ、坂本さんが自主的に喋った!!!!

・坂本さんのワード的には「バカ」だと思うんだけど、え?そっち?って、

・思った記憶があるので「アホ」とTwitterには書いちゃったんだけど。どっち?

・モザイクアート、横浜のファンは礼儀正しい。

・健「昨日は雨だったから」モザイク参加も大変だったでしょー、みたいな話から、

・雨男井ノ原さんを非難する流れになってしまい・・・

・井「本当にそうだったおかしいだろ」とブチ切れ。そりゃそうだ。

・井「そろそろグッズで傘を出そうかと」

・あと、会場に男性が多いということで、男だけコール。

・健「男いいよね」

・岡「ひろしーー」井「お前が言ってんじゃねーか」

・岡「俺、長野くん大好きなんだ」「博が痩せちゃってしんぱーーい」

・健「今日車で見たけど、別に痩せてなかったよ」に頷く長野くん。

・アルバム買ってくれた人チェック。買ってない人のお返事が良くて(苦笑)。

・長「(買ってないのに)返事がいいなぁ」

・買ってない人はまだ曲を知らないわけで、井「心臓で感じて。・・・心臓?(笑)」

・井「ハート!!ハートで!!!」健「VIBESでね」

・初めてコンサートに来た人に対して、健「今までどこほっつき歩いてたんだよ」

・Answerほんっとに格好良い。

・あの音と映像の真ん中に立ってる帝王、強い。

・そこに次々加わっていく様子が、むちゃくちゃ格好良い。

・R&Rで6人それぞれの後ろに移動するマークが、明治の例のチョコみたいで。

・会場限定コラボとかすれば良かったのにね。

・しかし、本当に映像が綺麗。全体像を見ることができて嬉しかった。

・派手な仕掛けはなくても、最小限の最新の機器で、最大限に効果を発揮している感じ。

・センステのシャンデリア、まっすぐ上下するだけでなく、斜めになったりしてたのね。

・足がちょっと・・・ということで、坂本さんのキックはかなり控えめ。

・でもそれが逆に余裕たっぷり感に見えて。素敵さ倍増。

・COLORSは本当に浄化される。さーーって空気が変わる。

・そしてby your sideの入りのブレスで、また会場内のテンションが一気に上がる。

・アリトロはあんまり記憶がない・・・

・2回目MC。井「いぇーーい」「いぇーい。いぇいいぇいえいいえい」再び。

・グッチさんものまねの解説(笑)。

・「動画を見て練習してたよ」と長野くんに暴露される。

・開演前にnever振り確認してるかと思ったら、それもグッチさんで踊っていたと。

・井「リーダーはモト冬樹」とか言ってたけど、スルー。

・博の骨折。「だから、(右じゃなくて)左だけどね」

・あまりに自由な岡田を持て余した結果、健くんに怒られる岡田担(笑)。

・「あんたたちが甘やかしたから」「担当でしょ」

・そして自由な岡田曰く、剛くんは俺が好きだと。

・岡「鍼打ってる時に『おかだーー』って言ったでしょ」

・剛「言ってないよ。『そこだーー』って言ったの」

鍼灸師さんがゴルフにハマっているそうで、剛くんにコツを聞いてくるけど、

・その度に手が止まるので、止めないでほしいとクレーム(苦笑)。

・井「剛はセンスがあるよね」。植物の水やりだっけ?それもセンスがどうこう。

・欲しがっている時にはあげないで、枯れる直前?であげる。そのタイミングが絶妙。

・そして、「指さして」などのうちわの要求も答えない。手も振らない。

・干からびる直前で潤いを与える。「植物と女は一緒」と名言が!!

・なんの時だっけ?岡「以上、岡田の小噺でした」が可愛かった。

・相変わらず話にはほとんど参加せず、前を見てニコニコしてるリーダー。

・後ろのモニター見て笑ってたようで、井「テレビじゃねえんだよ!!」。

・坂「10秒に1回話題が変わるんだよ」って(笑)。

・そうそう、前に置いてある水をしゃがんで取る健くんが、

・温泉でしゃがんで桶でお湯を汲んでる女子みたいな風情でした。

・カミMCで再び、剛くんは俺のことが好きだと言い出す岡田。

・岡「剛くんは絶頂で『おかだーーー』って言う」。

・それは『そこだーー』だと反論するも、岡「出た、ツンデレ!!!!」(絶対違)

・リハは汗をかくから自分はツアーTなのに、剛健はお洒落な格好だそうで。

・岡田氏曰く、アイロンがびしっとかかっていて、いい匂いがする。

・岡「俺だってお洒落な服持ってるもん」健「お前が着れるサイズあんの?」

・健「じゃぁ、明日着てきてよ」岡「・・・(動揺)」

・岡「(お洒落な服着てきてって)お願いして」健「お願いお願いお願い」

・それを文字通り引いて見ている森田さん。

・剛くんの後ろ髪がまとまらない?みたいな話になり。

・健「だからこのジェルは緩いって言っただろ」

・札幌より随分伸びた感じだけど、1週間しか経ってないのにと思ったら。なるほど。

・では次の曲・・・とはけようとして、後輩の紹介をしていなかったことに気付く岡田。

・岡「紹介したい人が・・・」剛健「岡田の友だち??」

・岡「剛くんに何か言いたいことある?」と聞いたのに、『関ヶ原』話を始める薮くん。

・そして、中島くんにもバトンタッチするも「・・・」

・憮然とする剛くん。「Jump!できなくさせてやる」「Hey!Sey!で終わるぞ」(爆)

・トニ曲で女子シルエット復活。これ、いらないのになぁ・・・

・全貌が見えるだけに、布の行方が気になって曲に集中できなかった(苦笑)。

・真正面から撮らない剛さま、わかってらっしゃる。

・SPARK~MANIACでレーザーが飛び交う様子が凄い!!レーザーの海みたい。

・スタトロの時、恋弾はアリトロ。翌日&翌々日はコンビが変わった模様。

・近くで見られなかったのは残念だけど、無理して階段昇ってほしくなかったし。

・それに皆が後ろ向いてる時にスタンド最前で坂本うちわ持って前向いてたからか、

・アリトロから私に手を振ってくれた!!!(と思い込んでいる)(思い込んだ者勝ち)

・いつも通り「くるよくるよくるよ」と煽った岡田。

・が、坂本さんがアリトロ初日だったので、「どーーーこーーーーーーーーー??」。

・これが、むっちゃ可愛かったーーー。完全にパパを探す5歳児。

・スタトロ博と完全に目が合った!!!福岡札幌はかすりもしなかったので嬉しい♪

・チラッと私のうちわ見て「あ、来なくてごめんね」な感じに見えた気が!?

・剛准はずっとスタンド後方を向いてたので、お尻しか見えず。

・イノッチはこっち向いてくれたけど、目がうつろだった(苦笑)。おつかれさまです。

・井「森田さん、森田さん」と煽られた剛くんは、トロッコ上でしゃがんで・・・

・「しぇけら!!」で、ぴょこんと立ち上がって、またぴょこんとしゃがんだ。

・かーーーーわいかったーーーーーーー。

・MFTPだきつき等はなし。特効が増えてた。

・The Oneは、この指止まれバージョン。剛くんが吹っ飛ばされなくて良かった~。

・♪ちいーさなーーヒロシもヒローーシめればーーーー

・岡田に肩組まれてた長野くんは、眉間に皺寄せて首傾げつつ苦笑。

・岡田の敬礼!!格好良かった!!!!

・うちわ持ってた人がいたのかな。おこぼれありがとう。

・色紙は本当に凶器だった。こっちに向かって縦回転の凄い勢いで飛んできて。

・狩られる!!と思って、本能的にしゃがんだよね(苦笑)。

・蚊とか蝿とかぶつかったら即死だろうし、人間も怪我しそう(汗)。

・遠くまで飛ばそうという意識は素晴らしいけど、もう少し優しく投げて・・・

・Wアンコの曲が始まる時、花道でイノッチと健くんが本気のダッシュ。

・バクステに先に着いたのはイノッチ。2人とも速かった!!芸能人は足が速い!!

・バクステで笑顔を振りまく長野くんの後ろを付いて回る岡田。

・どうやら博の顔真似をしてたらしい(苦笑)。

・逆に長野くんが岡田の後ろに付いてる時があって。振り返った岡田びっくり。

・隅っこにあった箱馬?に乗っかってお手振りする剛くん可愛い。

・岡田が同じトコに来た時は箱馬はなくなってて。

・真下のスタッフさんを覗き込んでたけど、カメラだったのかな?

・ファンの子のうちわを見て、後ろ(イノッチ?)を指差し、連れてくる?って。

・優しいんだろうけど、そうじゃなくて。自分のファンの相手してあげて(苦笑)。

・花道からメインステにダッシュで戻った健くん、坂本さんの前に回り込み、

・自分のタオルを金メダルみたいに首から掛けてあげた後、後ろから抱きつき。

・抱き着かれて、眉間に皺を寄せて笑っている様子がモニターにアップに。

・・・・我々は何を見せられているんだ!!(歓喜

・三方礼で岡「ひろしだよー」「ティガだよー」

 

 

岡田氏がひっかき回してるので、MCの順番が全然わかりません(苦笑)。とにかくひたすら爆笑でした。

 

単純にこれまでと比べて席が遠かったというのもあるけど、キャパが札幌10,000に対して横アリ17,000だから、圧倒的に広かったなぁ。それでも一瞬は近くに来てくれるの、ほんとありがたいね。

 

そして私、これまでは岡田担(坂本さんガチ恋枠)と自称してたんですけど、もうどう考えても6人現場では坂本さんしか見てないな、と自覚しまして。ちょうどこの日はチケットもスタンプも青!!ということで、10月7日は私の坂本担宣言記念日。

 

『V6 LIVE TOUR 2017 The ONES』@北海きたえーる9/30

レポではなく、あくまで個人のメモです。記憶違い見間違い多数。そしてネタバレします。未見の方はご注意を。

 

MCの量が凄くて。ぽつぽつ思い出すけど、順番がわからないのでぐちゃぐちゃ。

 

・グッズ販売は13時開始予定。12時半に繰り上げで販売開始。

・ほんとだーー、ペンライトのブイロクくんの支えが太くなっている!!

・ツアトラは道路に停まっていたので片側しか撮らなかったんだけど、

・渡れば反対側も撮れたみたい。折角障害物がなかったのにーーー。無念。

・ブイロクくんスタンプはオレンジ。福岡1日目は青だった。

・今回はチケットに押してもらいました。

・すぐにチケットファイルに入れたので、ファイルにスタンプがくっきり(苦笑)。

 

 

・席的には福岡の時とほぼ同じ。アリーナ、センステ辺り。

・でもメインステージがすごく近く感じたので、会場サイズが全然違うんだね。

・キャパは福岡マリンメッセ13,000、札幌きたえーる10,000。

・となると、次回横浜アリーナ17,000は相当広く感じそうだ。

・オープニング映像、こんなだったのね~~。素敵☆

・前回はパーマ剛さま~SOUZOUの記憶が全くなくて(笑)。

・岡田うっすら髭ある?っていうか、剛くんがパーマじゃない!!!!

・じがじがで花道(っていうの?真ん中の通路)を降りてくる時に、

・一旦途中で止まって焦らすとこが最高に好き。

・1回目MC、札幌2日間が嬉しい。

・なんなら3日間でもできるぞと(イノッチのお仕事的に)(笑)。

・この日は朝ドラ最終回ということで、コンサートで朝ドラ受け!?

・「有村架純ちゃんが俺に『○○(聞き取れず)』って(画面越しに)言ってくれて」

・とデレデレな朝イチ男を、「違うから」とばっさり斬る三成さま(笑)。

・「今日初めてV6のコンサートに来た人」が結構いて。

・「一見さん」とはしゃぐイノッチ。

・「一見さん大歓迎ですよね。長野さん」って振ってたような。

・イノッチ曰く、一見さん→常連さん→達人?熟練?さん→職人さん

・で、岡「(一見さんに)俺たち22年やってるんだけど、その間なにしてたの?」

・健「生まれてなかったんじゃない?」会場「あぁ(納得)」

・仙台?でアルバム買ってねと言ったら、その日の売り上げがすごくて、

オリコンチャートが上がったのが相当嬉しかったみたいで。この日もアピール。

・「買って買って」と、イノッチ岡田。

・「みっともないことやめろよ」って坂本さんが言ったような気がするけど違うかも。

・岡「後でこれ(『一』ポーズ)やるから買って」

・健くん曰く、グッズの縦並びは「1」で横並びが「一」。

・健「ま、ダジャレなんだけどね」

・一見さんだかアルバムのチェックの時、男性の野太い声でお返事があって。

・それを受けて、イノッチが平泉成さん?喋りに(笑)。

・Answerほんっと格好良い。いつまでもこの空間に浸っていたい。

・ご本人たちは勿論、上の映像パネルも、後ろに映る顔も見たくて忙しい。

・Remember Your Loveは青っぽい照明だけど、後半はピンク?のレーザーが。

・それがMVの赤いドレスとちょっとリンクしているようで。それも素敵。

・せつなっ。こないだと同じような席だったため、

・また長野くんのキックと剛くんジャンプしか見れてないけど、

・そこがとっても素敵なので良し。

・下を向いた長野くんが長い前髪の間からチラッと上を見た時があって。

・むっちゃくちゃイケメンだった。

・アリトロは内側なのね。福岡は外側だったので大満喫だったんだけど。

・でも前回お尻しか見えなかった剛准を正面から見れたのは嬉しかった~~。

・トニセンは遠かった(涙)。そっち側は花道近いんだからさー。外側通ろうよーー。

・2回目MC。

・徐に博のスカートをめくる岡田。2-3回めくってた。

・長野くんは怒るでもなく、ちらっと見て「岡田がめくってるんだけど」と。

・ここからまた長野ポイントの話になったんだっけ?

・岡田「皆、貯めてる?」「貯めるとプレステ4がもらえるから」

・仙台のお寿司屋さんで撮ろうとして大将に怒られた長野くんの真似をしようとして、

・「減点されるかもしれないぞ」と言ったのはイノッチ?

・岡田は一瞬考えて「やらせてください!」

・イノッチが大将役。そしてモニターに例の顔が大写しになり・・・

・長野くん「減点だ。コノヤロー」

・イノッチ?健くん?「岡田、今日はルームサービスだな」に対し、

・コンサート後のご飯までがコンサートだと、駄々をこねる5歳児(笑)。

・俺を通せば長野くんに口をきいてやってもいいぞ風なイノッチを横目に、

・「長野くん、イノッチ苦手だよね」と同担拒否も甚だしい発言。

・岡「隣に座ったことないでしょ?」、井「肉、フレンチ、寿司・・・ない(愕然)」。

・岡「長野くん、ぐいぐい来る人苦手だもんね」と追い打ち。

・井「でも、酔った時に優しい目で見てたじゃん」「お母さんかと思ったよ」に、

・長「井ノ原、酔ってるな~~って」(淡々)

・途中で岡田かな?が長野くんが岸朝子みたいとか言ってた。

・「大変おいしゅうございました」みたいな。って、若い子わかんないよ(苦笑)。

・「(長野くんの)オキニ」連発するイノッチに、健くん「『オキニ』って古くない?」

・井「じゃぁ、なんて言うんだよ」健「・・・・フェイバリット?」

・井「言いにくいよ!!(なげーよ、だったかも)」

・長野ポイントだけでなく、森田ポイント、三宅ポイントがあることが発覚。

・三宅ポイントはアートの話をすると貯まるらしい。

・今日来る飛行機で健准が隣の席で。アートの話をしながら来た。

・良い席だったので仕切りがあるけど、健くんは眼を見て話したいタイプなので、

・シートベルトで押さえられた状態で、仕切りから顔を出す様子を実演。

・岡:健くんファンが見ることができない可愛い健くんをいっぱい見ている。

・健:俺だって、岡田ファンが体験したいことをたくさん体験している。

・・・・これ、なんの時間(笑)?

・で、岡田ファンが体験したいこととして、岡田の刈上げを触ったという話から、

・イノッチがどれどれと触りに行き、井「ゴルフのグリーンみたい(な触り心地)」。

・剛くんも髪型変わったね、舞台の為?と話が剛くんに移ってしまい、

・俺の話がまだ終わってないと拗ねる岡田。

・ちなみにここまで坂本さんは笑ってるだけで一言も発してません。

・当たり前のように坂本くんの肩に手を置いてる健くん。樹に止まってる小鳥みたい。

・剛くんは、舞台が始まる前のインタビューは嫌、ということなんだけど、

・この「前」が、「公演期間前」と「稽古前」「開演前」がごっちゃになってた?

・でも終わった後も嫌とのことで、要するに剛くんはインタビュー自体が嫌(笑)!?

・井「こういう時、リーダーはどうしてますか?」

・公演前だとネタバレは言えないし、内容が固まる前だと嘘つきにもなりかねないし、

・聞き方が重要。意気込みとかを聞いてほしい←これはイノッチだったかも。

・剛「坂本くんと一緒にインタビュー受けた時、大したこと言ってなかったよ」

・坂「おまえ、本当のこと言うなよ!」

・モザイクアートのスタッフさん曰く、地域ごとに参加者の雰囲気が違うそうで。

・札幌はおしとやか。

・今日来る時、保安検査場でハワイ人に声を掛けられて。

・(イノッチのことを知ってたのではなく、周りがザワっとしたので誰?と)。

・あ、握手いいですよ。写真はちょっと・・・みたいな話をしていたら、

・後ろから長野くんが「no picture?no picture?」って茶化していて、

・その後ろから岡田が「博おはようーー」と声を掛けたとか。

・この話をしてる時、岡田が長野くんに「元気だった?」博「元気だったよ」

・仙台ぶりだから皆に会えて嬉しいって・・・間は2週間。どんだけ仲イイの。

・井「岡田は皆が呼ばない名前で呼ぶよね。『博』とか『イノッチとか』」

・健くんは伝言とかなら『イノッチ』というけど、普段は絶対『井ノ原くん』。

・坂「俺は『井ノ原』か『快くん』(真顔)」。

・井「呼ばれたことねーよ!!それ、心の中でだけだろ!!!!」

・博「俺は『井ノ原』か『よっちゃん』」井「それも呼ばれたことねーよ!!!」

・・・・え?『よっちゃん』って寝起きドッキリで言ってたよ!?

・博「小学生の頃から知ってるからね」

・井「剛も小学生の時から知ってるよね」剛「まだ入ってないから」井「えぇ???」

・健くん曰く「小学生に見える中学生だから」「3年って、小学かと思ったら中学」

・岡「剛くん、アフロだった時あるよね」剛「ないよ」

・健「おまえは思いついたことをポロポロ喋るな」

・いつだってその話を解説するのはイノッチか健くんの役目。

・井「兵藤ゆきだったことはあるよね」剛「兵藤ゆきだったことはないよ」

・ここら辺?であまりのグダグダさに、坂「お客さんをぽかーんとさせんなよ」

・井「『トークがひどかったんで』とか言って、払い戻しが殺到したらどうしよう」

・健「俺たち頑張るから!!」「払い戻ししないで。お願いお願いお願い!!」

・カミMCでは、引き続き髪型話に。

・どうしても前髪がちょろっと出てる岡田。

・岡「皆知らないと思うけど、俺、天パーなんだ(どや)」

・剛健&会場「・・・・・・(見ればわかる)」

・健くんに直してもらったり、自分でバクステ側モニター見ながら

・くしゃくしゃにしたり。色々やるも、悪化する一方(笑)。

・剛准が刈上げ&髭で双子状態で並んで。野口英世リスペクト?だとか。

・健くん曰く、野口英世プロテイン使用前:剛、使用後:岡田。

・健「おまえ、大型犬みたいだな」「剛は小型犬。シマリス」剛「シマリス??」

・健「(岡田に)ワンって言って」岡「ワンっ」健「なんでもやってくれるな」

・岡「オレ、なんでもやることにしたの」でも、投げキッスはNG。

・健「コマネチは?」岡「さっき(コマネチ)うちわあったよ」

・そしてはけ際、岡「バフッ(大型犬)」剛健「(爆笑)」

・会って話を、右手(女性役)で自分の左手を触るトコで、

・長野くんとイノッチは自分の手首を掴んでいるんだけど、

・坂本さんは自分の手の甲を包んでた!!!!!そういう男なのね!!!!

・太陽と月のこどもたちで、「んぱ、んぱ」してる坂本さん見れたよーー。

・さっきの色気炸裂とは打って変わって、むちゃくちゃ可愛い♪

・なんの時だったかな?花道で長野くんが剛くんの刈上げを指差してジェスチャー

・それとも触った?ので剛くんが笑っちゃった声がマイクに拾われてて。平和。

・ディスコ世代ではないけど、SPARK~MANIACの流れは脳みそ溶ける。

・長野くんの「すばらしMANIAC」が最高に好き。

・スタトロの最中、「ナガノパープル(がどうこう)」って聞こえたんだけど、

・そう書いてあるうちわがあったのかな?

・「Sexy!!」に岡田がやたら執着してる風なのが面白い。

・「くるよくるよくるよーー」

・そこだけはどうしても坂本さんを見たくて、反対側だけど振り返って見た。

・・・・坂本うちわだから許されるよね(笑)!?

・センステで坂本さんが先にMFTPのスタンバイをしていたら、

・その坂本さんの背中に後から走って来た健くんが抱きついた!!!!!!!!!

・そして、ちゃんと坂本さんの前にスタンバイしたんだけど、自分の番になったら、

・くるっと振り返って坂本さんに向かって踊り出して!!!なにこの恋弾!!!!!!

・2人ともすっごい笑顔で可愛かったーーーーっ。

・♪どうして~~こんなに~~~可愛いんだろう(しみじみ)

・おそらく「札幌のファンはおしとやか」というのを受けて、しみじみ??

・ボク空の♪胸が少し震える、で岡田が心臓の辺りをトントンって。そういうの好き。

・The Oneでは6人の上にモニターがあって、歌ってる姿が映ってるんだけど、

・約一名動きが激しいのでカメラさんが追い付かなくて。しょっちゅう消える(爆)。

・約束通り「一」披露。

・岡田が片手はマイクがあるから、片腕でイノッチの首を支えている状態。

・完全にイノッチの首が締まって白目剥いてた(苦笑)。

・坂本さんは写真通り参加せず(笑)。

・参加する気ももともとなさそうだけど(岡田任せ)、単純に、入る位置がないのね。

・♪小さな~~ヒロシも楽しめれば~~~

・WAは♪がんばろうねーーー、だったかな?

・そして、やっと聞けたよ、Cloudy sky!!!!!!!!!!!!!

・当たり前の歌詞とかいうけど、好きなんだよコレーーーー。

・健くんの色紙、天井に当たってスタンド前方席に落下。

・岡田のは相変わらず凶器だった。

・2人の勢いが激しすぎて、他の人の色紙投げをちゃんと見れてない。

・バクステ側で岡田がコマネチしてた(笑)。

 

 

アリーナの一番端の席ということで、スタンドの高さに阻まれてスタトロはほぼ何も見えなかったのは残念(振り返ってモニター見るわけにもいかないし)(でも隣の方が「もっと下がって大丈夫ですよ」って言ってくださって。ありがたや)。ちょうどセンステの横位置だったので、普通に立ってるとセンステもあまり見えないんだけど。センステに対しては一番後ろになるから割と自由度が高くて。ペンライトを思いっきり上げられて楽しかった~~。あと、坂本うちわ持ったままヒョコっと椅子部分に顔を出したら、センステ上の坂本さんもヒョコってこっち見た気がした(笑)。

 

 きたえーるメモ

・電車の待ち時間含めても15分程度で街中に戻れるの便利♪

・土日の地下鉄一日乗車券は520円。

・札幌-豊平公園が片道250円なので、2往復するなら一日乗車券が断然お得。

・終演後は端の席ですぐ出られたのでノンストップでホームまで行けたけど、

・そうでなかったら結構大変そう。帰りの時間は余裕を持つべし。

・アリーナ席のお手洗いは、なんと10個以下!!

・端だから感じたのかもだけど、そのせいかコンサート中に中座する人多数。

・後方スクリーンの画像がガビガビと聞いてたけど、ほんとにガビガビ(笑)。

 

『V6 LIVE TOUR 2017 The ONES』@マリンメッセ福岡8/19

昨年ドリフェスとカウコンには行ってるものの、V6だけのコンサートは初めてでした。たーーのしかったーーー!!!

 

レポではなく、あくまで個人の感想です。ポンコツ海馬な上に舞い上がっていたので、記憶違い見間違い多数。そしてネタバレします。未見の方はご注意を。

 

・開演17時、グッズ販売開始予定は12時半。実際は1時間前倒しで開始だった模様。

・14時頃行って、グッズ購入・CD購入・モザイク写真etcで1時間程度。

・終わった頃に見たら、列の長さは倍くらいになってた(汗)。

・モザイク写真は現地でスタッフさんに撮ってもらう方が簡単だし、

・ブイロクくんスタンプを押してもらえる♪

・私は何も持ってなかったのでフライヤーの後ろに押してもらったんだけど、

・「手にも押しましょうか?」と言ってくださって。

・手の甲にも押してもらっちゃった。常に視界に入るので楽しい♪

・普通のインクなので、始まる頃には滲んでいたけど・・・(苦笑)。

 

 

・前日にMステを見たにも関わらず、オープニング映像のパーマ剛様にやられる。

・お陰で1曲目が何だったか記憶が定かではない(重症)。

・記憶があるのはSOUZOから。

・もうバクステ行ってるよ!!それまでに数曲あったよ!!

・パーマ情報がなかった名古屋組はさぞや・・・合掌。

・SOUZOのC&R。私たちが言うとこは字幕が赤になっていたのでわかりやすい。

・光るマイクスタンド、ダサ可愛い。

・ハニビはやっぱり楽しいね♪

・ここら辺で1回目のMC?

・髪の毛くるくる、アイロン貸してもらえなかったと拗ねる岡田を、

・「借りに来るのが面倒だったんでしょ」と、穏やかにバッサリ斬る長野くん最高。

・更にイノッチからメイク道具云々言われても、

・「優しいおにいちゃんたちです」で締める岡田。

・色々文脈おかしいけど、楽しそうだからいいか。

・ステージ上にあるスクリーンが凄い。パンフによると、これが最新機器!?

・パネルスクリーン?が6枚くらいあって、それが自由自在に動いている。

・6人見るだけでも大変なのに、映像も綺麗なので見たくて。全然目が足りない。

・Answerやばい。ほんとやばい。

・スクリーン?が開いて、坂本さん1人の姿が見えた時のあの光景は一生忘れない。

・で、特効が凄かったのはAnswerだっけ?

・センステ辺りでも炎が熱くて。舞台上は相当熱いんだろうね。

・色の付いた炎やら、ぐるぐる花火やら。凄かった~~。

・後のMCでイノッチが子供たちに「花火見れて良かったねー」って(笑)。

・Remember Your Loveは最初に聞いた時のイメージがクリスタルだったので、

・MVの赤がなんとなく違和感あって(勿論、素敵だけどね!)。

・ライブ版は青に近かったので、こっちの方が断然好き。

・Round&Roundかな?軸を逸らして右回転する剛くんのあの芯はどうなってるの??

・(↑札幌で確認したら、R&RじゃなくてSPARKでした)

・それが凄すぎて、その曲はひたすら剛くん見てた。

・せつなっ。最後の長野くんのキックと、剛くんのジャンプが好き。

・ここはYOSHIEさん振付とφ(..)メモメモ by8/29健ラヂ

・上のシャンデリアみたいなやつが降りてきて鳥籠みたいになるの(説明下手)、

・すごく素敵。

・そこにいる西陣衣裳の剛くん見てると、綺麗な玉虫色の妖精を捕まえた気分になる。

・扉を開けたら金色の粉を振りまきながら飛んでいきそう。

・by your sideを聞けると思ってなかったので、聞けてすごく嬉しい♪

・実際その瞬間、会場のテンションが一気に上がったように感じた。

・トロッコで回ってきたのってこの曲だった?(記憶なし)(セトリレポを眺めつつ)

・まさにby your sideなのか。にくいねっ。

・反対側が親子席だったので、岡田と剛くんは完全にそっち向きでお尻しか見えず。

・そんな中、きっちりこちら側にも笑顔を振りまいてくれるプロアイドル三宅健様。

・ご一緒したおねえさんが「キャー」って盛り上がってくれたお陰かな?

・「仕方ねーなー」みたいな笑顔で、並びのこちら側にまで目線を流してくれて。

・惚れる。

・おねえさんは終演後「健が見たのよ、私を」ってずーーーーっと言ってた(笑)。

・坂本フィーバー席(坂本うちわが4人並んだ)に気付いたのか、

・トロッコから丁寧に目線がきたぞ!!!!!!!

・長野くんは左右2回通ってくれたけど、かすりもしなかったなー。残念。

・ピースしまくりイノッチ、超可愛かったーー。

・MCでは岡田の博愛が炸裂。ほんとにただの5歳児だった。

・客席に「(長野ポイント)貯めてる?」のアクセントが関西弁。

・岡田曰く長野ポイント10個でシール1枚に交換??

・ママを取り合う息子たちを、苦笑しつつ見守るパパの図。

・長野くんは皆を待たせないように、来た食べ物をサッと撮影する(実演)。

・ノールックでの撮影。井「アラーキーかナガーキーか」に爆笑する岡田。

・剛「(お喋りな二人がいるとうるさいから)どっちか一人でよくない?」(爆)。

・ターザンの歌がやたら上手いイノッチ(笑)。

・沖縄ロケの想い出を聞かれて、「おいしかった」と答える5歳児。

・バーで、場所を取る(イノッチ談)パフェを食べる剛健。

・PV撮影がすごく寒くて、毛布の下で「手を繋いでる」って冗談で言ったら、

・WSで取り上げられて、ガチトーンで「仲が良いんですね」と言われたことを受け、

・マスコミ怖いみたいなことを熱弁するイノッチ。

・いや、そもそもアナタがホラ吹いたから・・・(苦笑)。

・カミセンMCでは、まだ言っちゃいけない健くんのお仕事情報を漏らす5歳児。

・健「お前はまたそうやってポロっと・・・」

・詳細を言わなきゃいいんでしょー、と開き直り「健くん、何かありますよ」と。

・そしてはけ際には、歌の邪魔にならない程度に盛り上げて長野ポイント貯めてねと。

・・・・でもキャーキャー言う曲でもないし。結局静かだったイイ子な客席。

・まぁ、心の中では相当キャーキャー言ってましたけどね、坂本さんに!!!

・トルソー?ハンガー?に女性物の上着が掛かっていて。

・その片袖に腕を入れて、まるで抱き合っているかのようでね。

・坂本さんはちゃんと相手が見えるんだよね。いるんだよ、そこに。

・女役経験(?)(笑)も豊富だし、指の使い方が綺麗ってのもあるしね。

・長野くんは歌ったり踊ったりというより、語ってるような印象だった。

・イノッチはなんかバタバタしてて、トニセンの末っ子感満載で可愛かったー。

・布がふわふわしてたのは足跡?それに絡まれかけるイノッチも可愛かったね。

・で、ここの剛くんの衣装がね!!!!すっごい素敵だったのよ!!!!!!!!

・マタドール風のお衣裳?私の中では完全にエリオ@哀しみのコルドバだった。

・そして、その上着を脱いだ坂本さんの脚の長さがえぐい。えぐすぎる。

・イノッチは空手少年で、長野くんは牧師様だった。

・Get Nakedは紗幕の後ろで3人がカメラで自撮りしてる映像が紗幕に映し出されてて。

・一部悲鳴が上がったりもしてたけど、わたしゃ口あんぐりで見てた。

・SPARK~MANIACの流れはめっちゃテンション上がるーー。

・こういうディスコ調のは簡単にリズムに乗れるし、割と自由でいいから楽しい♪ 

・センステを真横から見る席で、向かい側からの照明が完全に目潰し(汗)。

・特にここら辺がツラくて、しばらく目がチカチカしてたよぉー。

・レッツゴー楽しい~~。歌詞は歌のタイトルのトコは色が変わってた。

・銀テは微妙に取れそうで取れない位置で、まぁいいかと思ってたら、

・隣の子がこちらをチラっと見て私が取れてないことに気付いて、

・彼女の斜め前にあったのをサッと取って渡してくれたーー。ありがとう!!!!

・・・・いや、実はこの子を含む3人組、マナーが悪いって程じゃないけど、

・ちょいちょい「・・・」って感じだったんだけど・・・これで帳消しだな(笑)。

・ちなみに銀テはたくさん取れた方が、帰りにあちこちで配ってました。素敵。

・セクバニ!!トロッコだったので、セクバニ感は薄めだったけど。嬉しい~。

・なんかピンポン玉みたいなの投げてた?サインボール??小さくない??

・この時、壁にブイロクくんの照明?がくるくる映ってて可愛かった♪

・真横から見るMFTP、ちょー格好良かった!!

・ボク空は健くん?のマイクの調子が悪くて残念。

・アンコールThe One。この指止まれで弾き飛ばされる剛くん(汗)。

・坂本くんが歌の途中で「大丈夫?」と。

・どうしてそうなったかは不明だけど、誰もが「岡田!!!」と思ったかと(苦笑)。

・その岡田の色紙は完全に凶器。

・健くんも飛距離は劣らないけど、岡田のは速度がなーー。怖い。

・親子席のティガ人形持ったおちびちゃんに色紙を優しく投げるロイヤル博。

・コンサートに行くのが初めてだったので「俺たちがー\V6/」を言えて嬉しかった。

・Wアンコールはなし。どうやら会場初日はないっぽい?

・1回目のアンコ終わりで健くん投げキスしてたし。

・(有無は関係ないと健ラヂで言ってたけど)

・かなり早い段階から目の前でスタッフさんが「出てきません」「終わりです」

・って言ってて・・・(悲)。

 

 

・終演後のバス乗り場はすごい列。

・10分くらい歩いて離れたバス停から乗ったらガラガラでした。

・テンション上がってるから、悪天候でなければ20-30分歩くのは苦ではないけれど、

・土地勘がない遠征民にはちょっとツラいかなぁ。

・地元民さんがいたので、カルガモ状態で連れて行ってもらいました♪

 

 

ということで、V6単独コンサート初参戦。楽しかったーーーーっ!!!とっても幸せな時間を過ごせました。ありがとうございました(多方面に感謝)。

 

宝塚で育ってきたので、コンサートは座って観るもので、声を出すなんてありえないし。ペンライトってサヨナラショーで振るやつでしょ?みたいな(笑)。そんな人がV6にハマったのでカルチャーショックの連続。でも郷に入っては郷に従え、っちゅーことで。公式うちわ持って(坂本さんの)(岡田担じゃなかったの?)(笑)、ペンライト持って、がんがん踊って。声を出すのはまだ苦手だけど、頑張ってちょっと出せたら楽しさ倍増だったので、次はもっと出せるよう頑張る。

 

ヅカ本の断捨離

20年溜め込んでいた宝塚関係の本を断捨離しました。

 

f:id:maymaymay_19:20170530082758j:plain

↑これは氷山の一角。

 

急に思い立った、ってだけなんだけど(笑)。理由を後付けをすると、ゆうひさんの改名が大きかったかな。宝塚時代はもう完全に過去になったから、メモリアルブックがあれば歌劇やグラフはいらない。ということで、祐飛さんのメモリアルブック・主演公演プログラム・写真集・パソブ・宙組本と、おにいやん主演プログラム・退団時の歌劇グラフだけ手元に残して。状態が良くない物を省いて、最終的にざっくり500冊弱。

 
本当は全部リストアップして、欲しい方に差し上げようと思ってたんだけど、素人が片手間にさばける量ではなかった・・・。でも捨てるのも勿体ないし、捨てに行くのも大変だし(汗)。結局業者に引き取りをお願いしました。
 
2階の部屋から1階の玄関まで3kgくらいの本を持って約40往復。そして玄関で箱詰め。その日から3日間は足の筋肉痛、そして1週間は背中の張りに悩まされ。整体に行ったら「一体何したの!!!」と怒られた・・・(苦笑)。
 
 
Twitterでは「誰にハマるかわからないから歌劇・グラフは捨てないで取っておいた方がいい」的なツイートを見かけたけど。数年ならともかく、20年も溜め込んでもはや全然読まないくらいなら、さっさと手離した方がいいよ。そもそも20年以上前の歌劇なんて、現役さんほとんど載ってないし(笑)。自分が歳を取れば取るほど、手離す労力も大変になるし。
 
いやぁ、断捨離でお部屋すっきり。このすっきりした空間を、VとかVとかVとかで埋めないことが目標(笑)。
 

ライブシアター『Rhythmic walk』

歌だけのゆうひさんより、お芝居してるゆうひさんの方が好きなので、あんまり期待してなかったんだけど(ごめんなさい)・・・このライブ、どストライク!!ということで、慌ててチケット追加しました。

 

以下私が感じたことのメモ。公演レポではありません。

 

~セトリ~

Street walkin woman

色彩のブルース

Fly me to the moon

花鳥燈華

アパショナード

Fever

Never on Sunday

Walkin in the RHYTHM

トンネルぬけて

のうぜんかつら

枯葉

愛の賛歌

 

Don't think Twice,It's All Right

いつかの歌のように

 

 

初見が白だったので印象が強いし、色々な色を投影できるので、白衣裳の方が好き。物語性が強くなり、「ライブシアター」って感じ。片腕が出ているのが、翼が折れたのか、翼になろうとしているのか、翼から腕になるのかetc。鳥を連想させて、舞台全体に大小様々な鳥籠を配置したくなる。後ろ姿はお坊さんの袈裟?みたいになっていたのを見て、このライブ自体が魂の修行の旅、という印象も。

 

黒衣裳は「ライブ」感が強い。いろんな時代のいろんな国で、いろんな港町にある半地下のバーで、国籍不明の女性が歌っている。という感じ。

 

髪は肩下茶色のストレート、。赤をメッシュ風に付け毛で入れていて、白ではダウン、黒ではアップスタイル。黒の時もアンコールでは下ろしてたんだけど、髪が静電気でパサついちゃってたのが残念。アップのままでも良かったんじゃないかな。Tシャツの襟もとを加工してなかったようなので、単純に着替えの為に下ろしたんだろな(笑)。

 

会場は3つとも全然違っていて。なんばのYES THEAERはザ・劇場で観やすかった。Mt.RAINERHALL SHIBUYAはもともと映画館だったそうで、ゆったり椅子で寝そう(笑)。前の人の頭がほとんど見えないので不思議な感じ。飲みながら観る習慣がないのでワンドリンク制は難点だけど、ソフトドリンクが充実していたのは嬉しい。ざくろジュース美味しかった♪恵比寿ザ・ガーデンルームはサイズ的にはこのライブに一番合っていたと思うけど、客席に段差がないのはきびしい。 

 

私はもともと歌詞が入ってこないタイプなので、初見は知らない曲は音と単語の色や形を観ていて。その後、歌詞を調べるんだけど、聞きながら歌詞がちゃんと入ってきたのは千秋楽(遅)。

 

そんなわけで歌詞の意味を完全無視した、曲の印象について。

 

・Street walkin woman

肩の動きをつい真似したくなる(笑)。今回のライブのある意味「顔」となるに相応しい曲だった。

 

・色彩のブルース

雨が降っていた。歌詞を読んだら「雨」はなかったけど「長ぐつ」はあったから、あながち間違ってはいなかったかも(笑)!?「デジャブの香り」の時かな?のワイングラスを回すような手の動きが好き。

 

・Fly me to the moon

ブリッジは『異邦人』イントロだという話を聞く前に、『パッサージュ』の天使まひるちゃんが歌う旋律が浮かんでしまったので、結局最後までそちらに支配されていた。ちょうど『エヴァンゲリオン』を見ていたので、エヴァのエンディングの画が背景になってたな。最後の「I love you」がめっちゃ可愛かった(デレデレ)。

 

・花鳥燈華

今回のライブで一番好きな曲。前回とはアレンジが変わっていて。アパショへの助走となるような、ちょっと力強い感じ?オリエンタル感も増していた。手や指の動きが阿修羅のよう。目が、東寺でお会いした薬師如来様の眼のように見えたり。全体的になんだか神々しかったな。背景には東寺日光菩薩像の光背の透かし彫りの影(レースみたいでとっても綺麗だったの)。

 

ゆうひさんの音域の際どいイイところを突いた、素敵な旋律。アレンジも色々できそうだし。最初のゆうひさんのオリジナルの曲がこの曲で良かったと、今回しみじみ思いました。今後この曲は何度も人前で歌われて育っていくんだろうね。観客もライブを通して一緒に育てていくような。

 

・アパショナード

初めて生演奏で聞くアパショ。男性コーラスなこともあり、懐かしいけど新しい、そんな曲。相当簡易版だけど当時と似た振りもあったりして、無条件に楽しい。楽で客席をやたら煽る姿が、男前でもなく女らしくもなく不思議な感じで(笑)、むちゃくちゃ可愛い生き物でした。

 

・Fever

あの「ふっ」って炎を吹き消す始まり方!赤の照明は大阪ではちょっとあざとすぎて違うと思ったけど、東京ではしっくりきた。劇場のサイズ感によるのかな?ギターの石井さんのゆるゆるスナップがツボ(笑)。そして「えっちな曲」ってね。いや、知ってたけど。舞台上でそんなワードを発するようになるとは(笑)。

 

・Never on Sunday

白いお衣裳でのこの曲を聞いた瞬間、ゆうひさん、鳥だーって思った。鳥が人びとを俯瞰しているような。その鳥は人になりたいのか、もしくは人だったのか。ギリシャの青い海、青い空を飛ぶ白い小鳥。途中で鳥のさえずりのSEが入るし。やっぱり鳥じゃん!て。目の前で靴を脱がれた時にはどこを見ていいのかわからず(汗)←そういう時に「ありがとうございます。遠慮なく足ガン見させていただきます(拝)」とはならないタイプ(笑)。前に出された手の相をみそうになって、いやそれも違うだろ(大汗)と。ちなみに左手は二重生命線ぽかった。

 

・Walkin in the RHYTHM

途中の「はっはっはっはっ」は、もうひとつ音が上に当たるといいなぁ。最後まで当たりきってなかったのが残念。夜の高速道路とかで、いろんな色の光が尾を引いた残像の写真みたいな、そんな印象。初見ではちょっとビックリしたけど、世界観としてはかなり好き。肘のあの振りはAKBの『RIVER』やV6の『D.I.S』を連想しちゃって忙しかった(笑)。

 

・トンネルぬけて

『ラン』という小説があって、亡くなった家族が留まる死者の世界と生者の世界の緩衝地帯みたいなとこに40km走って会いに行くんだけど。何故かそれが浮かんできた。小説自体は明るいし、曲も暗くはないんだけど。ゆうひさんのあの音域とあの音階が交わると、なんだか物悲しく感じてしまう。kyOnさんと二人、古い小さな丸い車で海辺の道をその緩衝地帯に向けてゆるゆる走っているような、モノクロの世界。

 

・のうぜんかつら

すごく素敵な曲なんだけど、これの歌詞が最後まで全然入ってこなくて・・・。ノスタルジックな絵をひたすら見ていた気分。白衣裳では何かの曲で砂漠が見えたんだけど、多分この曲。音域的にはちょっと歌いにくそう?だけど、音がハマりきらない、歌いすぎない感じがノスタルジックさを増していたというか。雰囲気があって良かったな。

 

・枯葉

歌的には一番安心して聞ける、スタンダードな曲。黒衣裳だと、あぁ枯葉・・・って感じ←雑(笑)。白衣裳だと、あ、枯葉・・・?って感じ←更に雑。なんだろー、黒だと過去を歌っていて、白だと未来とか幻想を歌っているような???

 

・糸

こんなにシンプルな歌詞なのに、これも全然入ってこなくて。・・・目で歌詞を見てもダメなんだよね。ふわっとは受け取っていたんだけど、千秋楽でやっとがっつり入ってきて号泣。遅いよ(苦笑)。最後にゆるく両腕を体の前で交差させるのが、白衣裳だと繭のように見えて。え?糸ってそこから???って(違)。ゆうひさんの紡ぐ糸はところどころ太かったり細かったりしそうだけど、とっても頑丈そう。

 

・愛の賛歌

私のトラウマ曲(苦笑)なので、初見のイントロでは「!!!」となったけど、すぐ慣れた。というか、私の中ではもうゆうひさんの曲になったから大丈夫。黒衣裳だと「愛の賛歌」という歌を歌っていて(だから、千秋楽はレコード大賞受賞みたいな舞台で、紙吹雪が舞う様子が見えてしまった)、白衣裳だと愛の賛歌の概念を語っている印象。ご本人が衣裳ごとに歌自体まで変えていたかはわからないけど。

 

・Don't think Twice,It's All Right

アンコール曲。ゆうひさん、こういう曲好きねぇー。「くらーいくらーい」が好き。「暗い暗い」だと思うけど(道がどうちゃら、って言ってるし)、「cry cry」にも取れるような。だから、ゆうひさんのここら辺の音域とこういう音階が混ざると、マイナー感が強まるのか、私には悲しげな歌になってしまうんだよぉ。歌詞読んだら、全然そんな歌じゃなくてビックリした!

 

・いつかの歌のように

初見で真横に立って歌われて・・・その時は「あ、ども。ゆうひさんでもさすがにアンコールともなると鼻がてかりますね」とか思って冷静だったけど(笑)、曲後半になってから、ゆゆゆゆうひさんに見下ろされて歌われた!!!!!ってバクバク。・・・だから遅いよ(苦笑)。途中で「ふふっ」って笑うトコ、あまりにリアルに笑うから、え?何?何か起きた??って毎回思ってしまった。そいういうとこ、やっぱり歌手じゃなくて役者なんだよね。

 

 

バンドメンバーさんについて。kyOnさんはひたすらお茶目なオジサマ。とにかく音楽に触れていることが好きなんだろうな~。常に楽しげだし、ゆうひさんを温かく見守って下さる感じでありがたい。ドラム小関さんは、演奏者!!って感じ。なにを振られてもどうにでも対処できますって雰囲気で頼もしかった。毎度カテコ挨拶でTシャツから腹チラしちゃうとこは注目ポイント(笑)。ギター石井さんはマイペースで不思議な方。スナップも手拍子もゆるゆるだし、途中で飴を食べ始めるし(爆)。でもどこか憎めない、妙な可愛さがある。毎回最後は私たちと一緒にぱちぱち拍手してたのが可愛い。ベースtatsuさんはこの面子の中では一番マトモそうな方。髪型は一番ファンキーだったけど!!結構客席を見てるので、バンドさんを見てるとちょいちょい目が合ってるようで恥ずかしかった。。。

 

オープニングは、場所に関する部分は会場ごとにちゃんと変わっていたけど、ゆうひさん登場以降は全部一緒。ラストくらいTOSHI- LOWさんご本人登場しちゃったりしないかな?と思ったけど、それはなかったね。2月にオールナイトニッポンライブに行った時、会場であの音楽が流れる度に手拍子が起きてたので、初回はつい手拍子しそうになっちゃった(汗)。TOSHI- LOWさんはゆうひさんのこと「ゆうひ」呼びなんだねー。ふと、これまでの共演者さんがなんて呼んでたのか気になってみた。なんとなく竹中さんには最後まで「大空さん」ってガッチガチで呼んでいてほしい、という妙な願望(笑)。

 

その他、印象的だったこと。

 

マイクをマイクスタンドに付ける時、渋谷では「んっ」って女子っぽくて可愛らしかったのに、恵比寿では力任せに嵌めたのかガンって音がしちゃって「あ、ごめんなさい」ってなってたのが可愛かった。じゃかじゃかの時、X脚炸裂で内股なのが可愛い。「(恵比寿の)三越でお茶」というワードが気に入ったのか、繰り返してるの可愛い。要するに何しても可愛い(笑)。

 

宝塚時代の歌を歌ってほしいってリクエストが結構あったというお話をされてたけど、ちょっとビックリした。そっか~。私、あんまりその感覚なかった。んー、まぁスタンダード曲なら過去に歌ったものでも女性として歌うのはアリかなと思ってたけど、がっつりタカラヅカなショー主題歌を今歌う?みたいな。勿論、結果的には超楽しかったわけだけど。でも他の曲となると・・・なかなか難しそうかな?もう、テッパン曲として毎回アパショ入れるとかもアリかもね(苦笑)!?

 

そういえば追加申込した楽は関係者用に取っておいた席だったのか、お隣が事務所関係ですみたいなお嬢さんたちで。アパショの盛り上がりに完全に気後れされてて、なんだかちょっと申し訳なかった(苦笑)。懲りずにまた来てね。

 

今回はゆうひさんがとにかく楽しそうで。そんなゆうひさんとこの空間を共有できるのが嬉しい!というライブでした。

 

推しが演じた中で特に好きな役の話 ~大空祐飛さん編~

お題「推しが演じた中で特に好きな役の話」

 お題一覧にあった「推しが演じた中で特に好きな役の話」。ご贔屓の大空祐飛さん*1編。

 

芸歴25年。演じてきた役が多すぎて・・・(汗)。しかも「好き」の種類もたくさんあって、役自体を好きなのか、ビジュアルが好きなのか、作品含めて好きなのかetc。なので、四の五の言わずにとにかく好き!な役(ショー作品除く)BEST3を時代ごとに挙げてみます。 

 

月組時代~

1.中臣鎌足『飛鳥夕映え』

2.プガチョフ『黒い瞳』

3.プルミタス『血と砂』

 

他にも好きな役はたくさんあるけれど、二者択一で消していって最終的に残ったのがこの3つでした。このBEST3は少数派では(笑)!?

 

中臣鎌足は78期3人の役替り公演。既に各組で2番手として活躍していた2人との宝塚スターとしての差は歴然だったけど、役としては祐飛さんの鎌足が一番しっくりきて。とても好きな役。プガチョフ(代役)は、私が祐飛さんファンになったきっかけ。この時に初めて「お芝居って面白いんだ」って教えてもらった。・・・祐飛さん、明るい役もやってるのに、私のBEST3は全部復讐系だ(爆)。

 

スコット『THE LAST PARTY』を入れようか悩んだんだけど・・・祐飛さんだけの役ではないという点*2で、BEST3から外しました。

 

 

花組時代~

1.ヨン・ホゲ『太王四神記

 

ホゲが息を引き取る度、自分の中で幕が降りてしまって。いやいやいや、まだお芝居続いてたわ(汗)って毎回なってたな。イブラヒムお兄様『愛と死のアラビア』も好きだけど、ホゲがぶっちぎりすぎたのでBEST1のみ。(小声で)ちなみに銀ちゃんはあんまり・・・(苦笑)。銀ちゃんな祐飛さんはとっても楽しそうで、そんな祐飛さんを観るのは好きだけどね。

 

 

宙組時代~

1.リック『カサブランカ

2.サルヴァトーレ・フェリ『クラシコ・イタリアーノ』

3.ルディ『ヴァレンチノ

 

リックは仕方ない、うん、仕方ない。サルヴァトーレも仕方ない。なんか悔しいけど・・・(笑)。『ヴァレンチノ』は東日本大震災の時だったので*3、当時は作品世界に浸ることができなかったけれど。思い返してみたら、ルディ好きだな~って今頃気付いた(遅)。

 

 

~退団後~

1.真昼野ひかる『HEADS UP!』

2.お母さん『冷蔵庫のうえの人生』

 

『HEADS UP!』はフィナーレナンバーまで含めて全てが楽しい作品だったので、まるっと全部好き。年末の再演でまたあの空間に身を置くことが出来るのがとっても楽しみ。『冷蔵庫~』は印象は強くないけれど、他が色々強烈な中、道端に咲いてるタンポポみたいなそんな感じで好き。3に椿『磁場』を入れようかと思ったけど、「好き」とはちょっと違うかなー。

 

 

「どの役が好き?」と話すことはあっても、こうして書き出してみたことがなかったので、この作業はなかなか面白かったです。選ぶの大変だったけど(笑)。皆さんも是非!!

 

今度は、好きなショーの場面とかでもやってみようかな。

*1:2017年2月に「大空ゆうひ」に改名されましたが、祐飛さん時代の役ということで今回は漢字表記で統一

*2:新公・代役・再演などがあるので、厳密に本人のみの役はそもそも多くないけど。同時期に同作品で主演したという点で

*3:DCで初見の最中に地震発生し、舞台は一時中断。東京公演は中止、夏に再演。

TWENTIETH TRIANGLE TOUR『戸惑いの惑星』 ―つらつらツボを語る―

TTT、感想やらツボやらを箇条書きでつらつら。

 

考察もどきの記事はこちら↓

maymaymay-19.hatenablog.com

 

・3人だけの舞台と聞いていたので、最初の人・・・坂本くん?じゃない・・・

・・・・と、既にそこから戸惑う。それも計算のうち!?

・黒子的な皆さん、全員メガネでオシャレカフェ店員さんみたい。

・「マナーモードも・・・お願いします」って、間が可愛い(笑)。

・でも福岡楽では近くの人が切ってなくて。途中でヴーヴーいってたの(怒)。

・ピアニストさんは、きよちゃん。覚えた(笑)。

・3人のトーク。毎回同じなのに、毎回ちゃんと笑えた。上手いなぁ。

・パルコの占い話は本当?坂本くんみたいなタイプは占いしちゃダメだよ(笑)。

・このお話の時は「ザ・占い」なアラビア風の音楽で。

・脳内でアラビア風衣裳をまとったインチキ占い師の坂本くんが踊り出してしまう。

・ミッキーのドヤ顔はあんまり見たくないなぁー。

・「猪突猛進て、そんな性格じゃないだろ!」(爆)。

・「坂本くん?」「三池だよ」

・「じゃ、君が坂本くん・・・じゃなくて長野くん?」「由利だよ」

・トニセン世界が長谷川の夢の中・・・ってこともあるのか。

・三池&由利&長谷川の現実世界、長谷川の小説の中の世界、長谷川の夢?の中の世界。

・楽器演奏、1回目は結構吹けてて。お?これは逆に戸惑うぞ・・・と思いきや、

・2回目は若干グダグダで、3回目は割とボロボロでむしろ安心した(笑)。

・なんていうか、純粋に「頑張れ!」って応援できて。

・「(断りなく)読んでいいのか?」って言う三池さん、優しい。

・結局読んじゃうけどね(笑)。しかも若干老眼風味で手元が遠い気が(爆)。

・箱をスッて押したら椅子が出てくるトコ、好き。

・跨いで座っていた椅子から脚を抜いた軌道が美しすぎる。

・照明が消えた後の坂本先生の顔・・・(爆)。

・長野編集者はびみょーに坂本編集者とキャラがかぶるのが勿体ない気が。

・がっつり寄せるか、ガラッと変えるかした方が良かったかな。

・でもゲネ映像見たところ、坂本編集者がどんどん変わってっちゃった感じ!?

・もし長野くんがゲネから忠実に変えてないのであれば、寄せてたのかな?

・ところで、はせっち?ハセッチ?

・私は普段イノッチ(岡田表記準拠)なので、ハセッチなんだけど。

Twitterとか見ると「はせっち」が多いのかなと。

・そもそも「いのっち」の方が多いもんね。

・由利の研究室に場面が変わる時、イノッチがさっとイーゼルを受け取るトコが好き。

・その前に持ってあげるトコもいいけど、暗転中とか陰でやるそういうのが好きなの。

・教授、福岡初回では言葉の順番がわからなくなっちゃって。

・2回言い直してダメで、「もう1回最初から言ってみよう」

・これがすっごく自然だった。役柄にも助けられたとは思うけど。

・イノッチって、パンフで坂本くんにも言われてたけど完全な「引き寄せ型」だよね。

・何しても「イノッチ」なんだけど、それで成立してしまうのが凄い。

・あと何の時か忘れたけど、目線の使い方が上手いなと。

・で、長野くんは真面目に芝居すればするほどにコント感が増すのは何故?

・そこが「味」なんだろうね。長野くんて不思議な存在だ。

・歌う時ももっと喉を広げた方が歌いやすいだろうにと思うんだけど、

・あの喉を締めた歌い方を聞くと「これこれこれ!」ってなっちゃう。

・『不惑』の歌詞の順番が変わってるのがなんだか新鮮。

・「♪土砂降り~~車の中で~~」は曲は勿論、照明や振りにもぞくぞくする。

・ここはちょうど上1人下2人でトライアングル型。

・でも坂本くんだけ若干振りが違っちゃってるのがちょっと気になる・・・

・腕を全く付けてなくて。連獅子みたいになっちゃってる。それも可愛いけど(笑)。

・「今どうしてんの?」が無茶苦茶エロいんすけど、なんでですか???

・マ、マダム・・・ごついな(爆)。

・長野くんて美人さんだけど、骨格ががっちりしているし、こう見ると男。

・・・・ってか、おっさんだった(多方面に謝罪)。

・手袋ホルダーで留めてて可愛いけど、バッグの持ち方おかしいし(爆)!!

・左手の薬指の指輪が、じわじわボディブローのように・・・。なんだろね、この感覚。

・銀ちゃーーーん、格好良い!!!!!!!!←兼ヅカオタさんには通じる話。

・これはズルい。こんなの好きに決まってる(笑)。

・まさかの「前略」(爆)。

・イノッチの「ああああああーーーーーーーーーー」がむちゃくちゃ可愛い。

・トニセンとして生で観るのは初めてだけど、ほんとイノッチが末っ子なんだね。

・V6の時とはまたちょっと違う感じで可愛い。

・そういえばお衣裳も、これイノッチ以上に似合う人はいないだろうなと。可愛い。

・『オレキミ』がこんな切ない曲になるとは!!

・カウンターでヤケ酒されると、切なくなっちゃうよね・・・

・ジェレミー、呪いなんて存在しないのよ!!!←兼ヅカオタさんには通じる話。

・いきなりミュージカルが始まったぞ!!!

・坂本くん、生き生きしてんなぁ~~。役自体の気持ちがそうなのもあるけど。

・ちゃんと相手が見えるんだよ。見えたんだよ。黄色いワンピースだった、私には。

・一緒に参加してるお兄さん2人。スキップがちょっと下手なのが愛らしい。

・で、どこのバーに行けば三池さんに会えるんですか!!!!!!!!!

・2回目以降、俄然面白くなるタイプの作品だよね。

・ここの手紙のことも、1回目だと何もわからないわけで・・・

・2回目は、そっか、記憶喪失は嘘だったから、手紙を読んでも実感がないし。

・その手紙を書いたのは長谷川なわけで・・・マスターが・・・と繋がる。

・お、お母さん・・・デカイな(笑)。

・そうだね、スプーンをテーブルに押し付けただけで簡単に曲げられそうだ。

・このお母さんのインパクトが強すぎて(苦笑)、その前の会話の記憶が飛んでしまう。

・でもそこをちゃんと聞いて覚えておかないと、後々付いていけなくなる・・・

・舞台上に「トイレの扉」がでーんとあること、なかなかないよ(苦笑)。

・まーくんさん(敢えて)のビビり芝居が上手すぎる。

・そして長野くんは実際こういう時に肝が据わるタイプなんだろうなと想像つく。

・真剣に話を聞けばいいのかと思いきや、結構ふざけてもいるし。ほんと戸惑うわー。

・初見では1回目の光をまともに見てしまって。その後しばらく目がチカチカしてた。

・あれは、ビッグバンだったんだろうね。

・トニ曲は多少は聞いてたけど、曲名や歌詞は把握できてなくて(多いんだもん)。

・揺れる水面・・・銀の月・・・これは歌詞だったのか。と、後でわかった。

・光を背負ったイノッチがばーんって入ってきて、曲も格好良いんだけど・・・

・冷静に考えちゃうと、そこ、一応トイレの扉だから・・・って(苦笑)。

・無意識下にある、仕舞い込んでいた箱を長谷川本人が見つけ出し、

・それを三池と由利に渡せたことで、長谷川は(一旦は)戻れたんだろうね。

・あの宇宙柄のお手紙の形が、どうしてもカタツムリに見える。

・オルゴールはサイズ的にセロハンテープに見える。

・長谷川の「出せなかった手紙」

・長谷川が代行した由利妹から三池への「嘘の手紙」

・由利妹が三池に書いた「宛名のない手紙」

・長谷川が三池と由利に書いた「手紙」

・手紙、手紙、手紙・・・ジェレミーっ!!!←兼ヅカオタさんには通じる話

・もうここからは、切ない・・・とにかく切ない・・・

・あぁ、この人、本当に泣いてるんだ・・・って。

・芝居の「本当」でもなく、現実の「本当」でもない。うまく説明できないけど。

・で、あんなに泣いてるのに、どうしてそんなに歌えるの!!!!

・・・・でも福岡楽は声に少し揺らぎがあって。それにこちらが揺さぶられて号泣。

・疲れが溜まってるのか、どの回も誰かしらがちょびっと喉が不調かな?

・って感じだったけど、それでもハーモニーはちゃんと重なるのが凄い。鳥肌立った。

・これが20年以上一緒にやってる人たちのシンクロ率なのかと。

・どんなに歌が上手い人が集まって音が完璧に合ったとしても、こうなるとは限らない。

・坂本くんの「Everyday」の「v」の発音がすごく「v」で素敵。

・私も三池先輩に憧れる高校生活を送ってみたかった。

・楽器は、三池はジャズが趣味だから弾けて、

・長谷川も同様?(マスターもジャズが趣味)もしくは由利妹に憧れて練習した?

・由利は妹が音楽家だし、なんとなく弾けちゃう的な感じだったのかな。

・動いてるベッドにぴょんと飛び乗るイノッチが可愛いのーー。

・なんだか小学生みたいだった回があったな。

・「僕は・・・長谷川です」「知ってるよ」「そうなの??」も可愛い。

・でも「白黒1,000円色付き3,000円」「金とんのかよ!!」は普通にイノッチ(笑)。

・で、絵は何を想定しているんだろうね。

・考察もどきの方で色々書いてみたけど、最終的には由利妹かなと。

・長谷川は似顔絵を「前に描いてもらったことあったよね」と言ってるけど、

・三池「ないよ」と。でも由利妹は描いてもらったことがある。

・余命半年だったという彼女が自分に流れ込んできたことで、

・長谷川の命が尽きるのも近いんだろうな、と。

・「これは『僕』です」って言ってること自体は引っ掛かるけど、

・多分そういう表層的な話じゃないんだよね。

・シャツと同系色のちょっとフォーマルなジャケットに変わってるの、可愛い。

・他の人が歌ってる時、坂本くんがゆるくリズム取ってる姿、好き。

・お辞儀する時、楽器から手を離せなくて真ん中に一人立ってて。帝王感はんぱない。

・背の高い人がおっきい楽器持ってるのって格好良いよね。

 

 

トーク内容を覚えるの苦手なので、順不同。かなり曖昧。

・1回目カテコ。劇場が大きくて顔が見えない人もいるかも?とのことで自己紹介。

・「井ノ原です」にすかさず「あさイチやってます」と補足する坂本くん。

・「ジャニーズ事務所V6、20thCenturyの長野博です」。

・イノッチのお友だちの俳優さんは、教授役がイノッチだとわからなかったそうで。

・「3人だけじゃなかったの?」って(笑)。

・坂本くん「でも、メンバーでもわからなかったし」・・・健くん(苦笑)。

・でもそれだけ演じ分けられているということで、嬉しいことだと。

・前日の舞台稽古は衣裳あり鬘なし。鬘なしのお母さんは恥ずかしかった。

・マダムは「帽子いりますか?」と聞かれたけど、サングラスだけ着けた。

・今回の曲はそれぞれCD発売されているので、アレンジは違うけど良かったらと宣伝。

・2回目カテコ。普段はV6というグループで活動してます。

・イノッチ「3/15に新曲出ます。確定申告の日です」覚えやすいですね、と(笑)。

・坂本くんから、バイトパート仕事頑張って稼いで、色々よろしくね的なお話。

・ピアニストのきよちゃんがメガネだったのでどうしたのかと思ったら、

・本番前にコンタクトが流れてしまったと。長野くん曰く、ピアニストさんだから

・器用かと思いきや、うどんを掴めてなかった、と(クルグルと同じ話)。

・きよちゃん、色々暴露されまくり(笑)。

・TTTはイノッチがジャニーさんに電話して名前を付けてもらったそうで。

・その電話のやり取りをマシンガンで捲くし立てるイノッチ。笑いながら見守る2人。

・イノッチ「(ジャニーさんの真似で)客席にトライアングル配ってさー」。

・私たちが拍手したので、イノッチ「え?何の拍手?」って言ってたけど、

・これは、エアトライアングルでチーンってした坂本くんに対する拍手(笑)。

・坂本くんがイノッチに「お前が『なんつってね』って言うの好きなんだよ」。

・一番最初の注意事項言ってる時、客席の皆さんが戸惑ってるのは見えてますよ、と。

・どこからが芝居でどこまでが芝居かわからない、もしかしたら今も・・・!?

・で、最初みたいに倒れかけるイノッチ。これで終わったらイヤだよね。って。

・3回目カテコ。昨日初日、今日千秋楽であっという間だった。

・千秋楽にして間違えた長野くんを嬉々としていじるイノッチ。

・長野「2人がどんな顔してるのかなーって」坂本「笑いそうになっちゃった」

・イノッチ「俺、間違えたかと思って焦ったよーー」

・楽器演奏に関しては、40過ぎたおじさんたちが頑張ってるなと思ってもらえれば。

・グローブ座との違いは、博「楽屋に窓がある」

・外の様子がわかるのはいいものだと。グローブ座は地下だから何もわからない。

キャナルシティ劇場には、坂本くんとイノッチは立ったことはない。

・長野くんは、ある・・・あったっけ・・・あー、あった。

・マチソワの間にキャナルシティにラーメン食べに行った記憶があると。

・何で来たんだろう?舞台かな?と、あやふやな長野くんに、

・え?個人営業??リサイタル???とイノッチからの怒涛の突っ込み(笑)。

・TTTはライフワークにしたい。長野くん曰く「創作の場」。

 

 

TWENTIETH TRAIANGLE TOUR(通称TTT)の第一歩である『戸惑いの惑星』を観ることができて幸せです。


しかし私、ほぼ「可愛い」しか書いてない(笑) 。